食生活改善とシミ取り化粧品で肌の蘇りを目指しましょう

MENU

シミができる原因

 

シミは、メラニンと呼ばれる色素成分です。

 

肌は、過度の紫外線を浴びると、肌の内部を守ろうとして
表皮の角化細胞が、色素細胞にメラニンを作るように指令を出します。

 

シミが不安な女性のバナー

このメラニンは、肌の再生(ターンオーバー)が正常であれば排出されます。

しかし何らかの原因で再生のバランスが崩れ正常に行われない場合にメラニンは滞りシミとなってしまいます。

 

シミの主な原因が紫外の刺激です。

 

その他の原因として

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス
  • 食生活の偏り
  • 内臓の不調

などもあげられます。

 

これらの原因を、食生活の改善から改善することは可能です。

 

 

シミ治療を内側から

 

シミ取り化粧品で外側からの美白効果と共に、内側から食事で肌の再生を促進することで、できてしまったシミが消える効果が強化されます。

 

クリニックでは、外用のシミ取りをする薬と共に、内服薬も処方されます。

 

主な内服薬は

  • ビタミンC 
  • ビタミンE
  • L-シスチン
  • トラネキサム酸

です。

 

しかし、トラネキサム酸には副作用があり、血栓を引き起こしやすくなります。

 

薬に頼ることなく食事から、ビタミン類ならばとることも可能です。

ビタミン以外のシミに効く抗酸化物質について

 

これらの内服薬は抗酸化作用のあるものや、肌の再生を促進する効果のあるものです。

 

肌の再生、抗酸化作用のある食品を摂るということで、シミ取りの内服薬に匹敵するというわけです。シミの種類と対策に応じて自分に合った改善法を選んでください。
シミ取り化粧品で効果を実感する方法 | プロも使っている商品でシミ予防&対策

 

 

血行促進を行い新陳代謝の促進をすることが大切。

肌の再生を行う場合に必要な栄養素を、肌に送り届けることが重要ですが
血行が悪いと、栄養分も送り届けることが出来ません。

 

血行不良では、肌のくすみが起こってしまいます。
血行が悪い理由に、血液がどろどろになっているということも挙げられます。

 

 

どのようにすれば血液がサラサラになるのでしょう?

 

偏った食事に気を付ける

動物性脂肪の摂りすぎは、血液がドロドロになります。
余分な脂肪やコレステロールを排出する食物繊維、血栓を防ぐビタミンC,E,B群を摂るように気を付けましょう。

 

過食に気を付ける

人体の活動に使うエネルギー以上に摂ったものは、緊急時の為に中性脂肪として蓄えられます。これが肥満を招き、また血液をドロドロにします。
シミにさよならする美肌メニューを参考に自炊をしてみるのもいいでしょう。

 

規則正しい時間に食事をする

不規則な時間に食事をしていると、体は栄養が足りないと反応し脂肪をため込もうとします。
これが血液をドロドロにします。

 

また生活のリズムが乱れているとストレスとなり、活性酸素が過剰に増え血行を悪くします。
寝ている間に脂肪をエネルギーとして体の修復をしますが、寝不足の場合や夜更かしすると、
体の修復もされず肌の再生にも影響があり、肥満にも繋がります。

 

ストレスに気を付ける

精神的、肉体的なストレスは、血液中のコレステロールや活性酸素を増やし、細胞遺伝子を傷つけます。

 

また、赤血球同士をくっつきやすくし血液がスムーズに流れにくくなりますので血液もドロドロになり、血行も悪くなります。

 

運動不足に気を付ける

運動不足では、摂取した栄養分の消費が低下して、余った栄養分が中性脂肪となり体内にたまり血液がドロドロになります。

 

運動をすることにより、脂肪、血糖をエネルギーとして使い血液がサラサラになります。

 

アルコールの飲みすぎに気を付ける

アルコールは、日本酒1合、ビール大びん1本ならば、血行が良くなると言われています。
しかし飲みすぎると肝機能の低下が起こり、栄養分を分解する機能も衰え、中性脂肪を増やします。
また解毒作用も悪くなります。

 

喫煙に気を付ける

喫煙は活性酸素を発生し、コレステロールの酸化がおこり、血液がドロドロになります。

 

 

この様なことに気を付けて、血液をサラサラにし、肌の再生をスムーズにするように、心がけましょう。